PIANC-Japanについて

 PIANC-Japanの起源と現状  PIANC-Japanの活動目的
 各種総会・委員会  WG活動  組織図・人事  所在地・連絡先

PIANC-Japanの起源と現状

1952 年の閣議決定を経て、運輸省(現国土交通省)が政府会員として PIANC に加盟して以来、日本は PIANC 本部関係の会議や研究活動に積極的に参加してきた。なお1965 年には水産庁が政府会員に追加加入している。1953年ローマで開催された第18回国際航路会議に参加して以来、4年毎の国際航路会議や、毎年の年次総会には欠かさず代表を派遣してきたのをはじめ、技術委員会の作業部会などにも代表を派遣、そのために国内の資料収集に協力したり、委員会活動の費用補助を行うなどの支援活動を行ってきた。

なお、PIANC Japanは、過去に1990年の国際航路会議大阪大会、2004年の福岡におけるPIANC AGA(年次総会)を主催するなど、アジアで最も活発なPIANC活動を展開している。特に、1990年の国際航路会議大阪大会では、大会の名誉総裁皇太子殿下から「交通路としてのテムズ川」と題してご講演をいただいた。2010年のPIANC125周年記念事業には皇太子の御臨席をいただいた。

日本での開催実績
日本では、常設国際委員会総会(1978年・東京、現在の年次総会)、第27回国際航路会議(1990年・大阪)、2004年年次総会(2004年・福岡)を開催しており、第27回国際航路会議では名誉総裁皇太子殿下に「交通路としてのテムズ川」についてご講演いただいた。また、2010年9月に名古屋で開催された「国際航路協会アジア地区125周年記念事業」には皇太子殿下の御臨席ならびに「おことば」を賜った。

ご講演される皇太子殿下、福岡でのPIANC AGAの様子

 

photo 125th.jpg

名古屋でのPIANC125 Eventでご挨拶される皇太子殿下

PIANC-Japanの活動目的

国際航路協会日本部会とは、国際航路協会日本支部(Japanese Section)の正式名称で、その活動目的は次の通りである。

(1) 本部規約に定められた目的を達成すること。
(本部規約第3条a)
国際航路協会は、各国政府の同協会に対する積極的な関与を前提とし、個人及び法人会員に開放された国際的な技術上の非政治的かつ非営利的協会であり、その目的は、人類の福祉のために、内陸港及び海洋港の航路(河川、入江、運河、港の出入航路)、港湾施設(漁港、スポーツ・レクリエーション用水路を含む)の計画・設計・建設・改良・維持及び運営に関する発展を図るとともに、沿岸地域の開発を図ることによって、水上交通の維持・発展を推進することを目的とする。
(2) 国際航路協会の日本国内における活動に協力すること。
(3) 日本国内において協会の目的及び活動についての関心を高揚すること。

各種総会・委員会

■国際航路会議 International Navigation Congress(Congress)
■年次総会 Annual General Assembly(AGA)
■評議会 Council
■執行委員会 Executive Committee(ExCom)
■各種委員会
内陸水路委員会 Inland Navigation Commission(InCom)
海港委員会 Maritime Navigation Commission(MarCom)
環境委員会 Environmental Commission(EnviCom)
レクリエーション水路委員会 Recreational Navigation Commission(RecCom)
国際協力委員会 International Cooperation Commission(CoCom)
財務委員会 Finance Commission(FinCom)
振興委員会 Promotion Commission(ProCom)
若手技術者委員会 Young Professional Commission(YPCom)

>>会議開催情報はこちら

WG活動


■内陸水路委員会(InCom)作業部会

(2015年4月現在)

参加 WG № WG名 日本の
委員
摘要
  1 Economic implications of inland waterway development
内陸水路整備の経済的影響
  B47(1984)注1
  2 Disposal and land dumping of dredged materials:
Impact on the environment
浚渫土の処理:環境への影響
  WG I-7 に継続
  3 Risk consideration when determining bank protection
revetments
護岸方式決定におけるリスク評価
  B58(1987)
  4 Guidelines for the design and construction of flexible
revetments incorporating goetextiles for inland waterways
内陸水路用ジオテキスタイル護岸の設計と建設の指針
  B57(1987)
  5 Containers transport with inland vessels
内陸水路就航船によるコンテナ輸送
  B78/79(1992)
  6 Problems created by saltwater infiltration
内陸への塩水侵入から生ずる問題
  B80(1993)
  7 Management of dredged material from inland waterways
内陸水路からの浚渫土の管理
  B70(1990)
  8 Automatic management of canalized waterways and its
hydraulic problems
運河式水路の自動管理と水工学的問題点
  B70(1990)
  9 Standardization of inland waterway's dimensions
内陸水路断面の標準化
  B71(1990)
  10 Supervision and control of long lateral embankments
大規模堤防の点検・管理
  B69(1990)
  11 Analysis of cost of operating vessels on inland waterways 内陸水路における船舶の運営費の分析   B74(1991)
  12 Reinforced vegetative bank protections using geotextile
ジオテキスタイルを用いた強化繊維式護岸工事
  B91(1996)
  14 Inland waterway vessels and pollution
内陸水路就航船と環境汚染
  B102(1999)
  16 Standardization of ships and inland waterways for
river/sea navigation
船舶および航路の標準化
  B90(1996)
  17 Handling and treatment of contaminated dredged
material from inland waterways 'CDM' Volume 1
内陸水路からの汚染浚渫土の処理 第1巻
B89(1996)
B98(1998)
  18 Advanced and automated operation of locks and bridges
ロック及び橋の最新式自動操作
  B92(1996)
  19 Ship collisions due to the presence of bridges
橋を原因とする衝突事故
  B107(2001)
  20 Factors involved in standardizing dimensions of class Vb inland waterways
内陸水路の諸元の標準化に係わる要素
  B101(1999)
  21 Economic aspects of inland waterways
内陸水路の経済性について
  M119(2005)
  22 Safety of inland waterway vessels
内陸水路航行船舶の安全について
  1996年10月設立
  23 Technical and economic problems of channel icing
航路氷結の技術的・経済的問題
  B117(2004)

 

24

Vessel traffic and transport management in the inland
waterways and modern information systems
内陸水路における船舶航行運送管理と現代情報システム
  B109(2002)
Guidelines and recommendations for river information
services
河川情報サービスのための指針と勧告
  B116(2004)
  25 Maintenance and renovation of navigation infrastructure
航路基盤設備の維持改良
  M123(2006)
  26 Design of movable weirs and storm barriers
可動水門、高潮堤の設計
  M122(2006)
  27 Guidelines for reducing the impacts of boats on the physical environment
船舶の環境影響指針
  Report No.99
(2008)
  28 Developments in automation and the remote control of river works (dams, locks, mobile bridges...)
河川施設(ダム、閘門、可動橋等)における自動化と遠隔操作の発展
  Report No.96
(2008)
  29 Innovations in Navigation Lock design
閘門設計の革新
  2006年設立
  30 English Inventory of Inspection and Repair Techniques of Navigation Structures (Steel, Concrete, masonry and Timber) both Underwater and In-the-Dry
海面上・海面下の航行施設(鋼・コンクリート・石・木)の検査、補修技術の目録
横田 弘
北大
2006年設立
  31 Management and missions of river ports
河川港の運営と使命
  2006年設立
  32 Performance Indicators for Inland Waterways Transport
内陸輸送の実績指標
  2006年設立
  96 Developments in the automation and remote operation of locks and bridges
閘門と橋梁の自動、遠隔操作の発展
  Report(2008)
  99 Consideration to reduce environmental impacts of vessels
船舶の環境に与える影響軽減に関する配慮
  Report(2008)
  106 Innovation in navigation lock design
閘門設計の革新
  Report(2009)
  110 Governance organization and management of river ports
河川港の管理主体と管理
  Report(2010)
  118
Expert Group
Direct Access to Marine Ports by Adopted Inland Waterway Vessels
内陸水路用船舶の海港の利用
  Report(2013)
  119 Inventory of Inspection and Repair Techniques of Navigation Structures both Underwater and in-the-Dry
航路施設構造物の検査及び補修技術
  Report(2013)
  125 River Information Service, RIS (Permanent Working Group)
河川情報サービス
  Report 125(2012)
  127 Fish Passage
魚道
  2008年設立
Report(2013)
  128 Alternative Bank Protection Methods
代替護岸法
  中止
  129 Waterway Infrastructure Asset Maintenance Management
航路インフラ資産の維持管理
  Report(2013)
  137 Navigation Structures-Resilience to Overloading
航路構造物―耐荷重超過
  2009年設立
  138 Mechanical and Electrical Engineering-lessons From
Navigation Structures
機械・電気技術―航路構造物からの教訓
  2009年設立
139 Values of Inland Water ways
内陸水路の価値
  2009年設立
140 Semi-Probabilistic design concept for inland hydraulic
structures
内陸水構造物の準確率的設計概念
  2009年設立
141 Design guidelines for inland water ways
内陸水路の設計ガイドライン
  2009年設立
  142 Inland navigation safety
内陸水路の安全
  2009年設立
  151 Impacts of seismic loads and ship impacts on lock gates
閘門扉に対する地震及び船舶衝撃力
菅野 高弘
港空研
2010年設立
154 Miter Gate Design and Operation
マイターゲートの設計と運用
  2013年設立
155 Ship Behavior in Locks and Lock Approaches
ロックおよびロックアプローチにおける船舶の挙動
  準備中
156 E-Navigation for Inland Waterways
内陸水運の電子航行
  2013年設立
166 Inflatable Structure in Hydraulic Engineering
膨張式水工構造物
丸山 一郎
住友電気工業
2013年設立
173 Mobile Bridge and Rolling Gate Design, Maintenance, and Control, Lesson Learned from Experiences
可動橋および回転式ゲート-設計、維持管理、制御、事例研究
   
  179 How to Deal with the New Ships in the CEMT'92 Classification Towards a New CEMT Classification
内陸水路の新分類への対応
  準備中

○印は活動中のWGを示す。

 

■海港委員会(MarCom)作業部会

(2015年4月現在)

活動 WG № WG名 日本の
委員
摘要
  2 The stability of rubble mound breakwaters in deeper
water
大水深捨石防波堤の安定性
  B48(1985)
  3 Ice navigation
氷中の航行
  B46(1984)
  3a Navigation in muddy areas
軟泥水域における航行
  B43(1983)
  4 Dangerous goods in ports
港湾における危険物の取扱い
B49(1985)
  5 Underkeel clearance for large ships in maritime fairways with hard bottom
硬底質の航路における大型船舶の余裕水深
  B51(1985)
  6 Classification of soils and rocks to be dredged
(Revision of 1972 Report)
浚渫すべき土壌および岩石の分類(1972年報告書改訂)
  B47(1984)
  7 Dimensions and layouts of channels, including two-way
channels
航路の断面と配置
報告書(1991)は
出版せず
WG 30に継続
  8 The damage inflicted by ships with bulbous bows on
underwater structures
船舶の球状船首による水中構造物の損傷
  B70(1990)
  9 Development of modern marine terminals
近代的海港ターミナルの整備
B56(1987)
  10 Disposal of dredged material at sea
浚渫土の海中投棄
  B52(1986)
  11 Port facilities for ferries Practical guide
フェリー用港湾施設-実用指針
  B87(1995)
  12 Analysis of rubble mound breakwaters
捨石防波堤の分析
B78/79(1992)
  13 Floating Breakwaters
A Practical Guide for Design and Construction
浮防波堤
設計と建設の実務ガイドライン
  B85(1994)
  14 Economic methods of channel maintenance
航路の経済的維持方法
  B67(1989)
翻訳(1991)
  15 Dry Dock   ドライドック   B63(1988)
  16 Specifications of loading, transportation and high
temperature destruction of toxic and chemical wastes
at sea
有害廃棄物の海上輸送の仕様
  B78/79(1992)
  17 Inspection, maintenance and repair of maritime structures
exposed to damage and material degradation caused by
a salt water environment
塩水により劣化した海洋構造物の点検、保守、復旧
  B71(1990)
翻訳(1992)
改訂版B115
(2004)
  18 Planning of fishing ports
漁港計画
B97(1998)
  19 Beneficial uses of dredged material A practical guide
浚渫土の有効利用と処分-実用指針
  B76(1992)
  20 Capacity of ship maneuvering simulation models for
approach channels and fairways in harbours
港内の水路・航路に関する操船シミユレーション・モ
デルの容量
B77(1972)
  21 Guidelines for the design and construction of flexible
revetments incorporating geotextiles in marine
environment
海洋環境における可撓性護岸の設計・施工指針
  B78/79(1992)
  22 Armored slopes under open piled quay walls
鋼杭岸璧(桟橋)エプロン下の傾斜面被覆工
  B96(1997)
  23 Site investigation requirements for dredging works
浚渫工事のための現地調査要項
  B103(2000)
  24 Criteria for moored ships in harbours A practical guide
港内における繋留船舶の動揺基準-実用指針
B88(1995)
  26 Marine oil pollution
石油の海中流出
  中 止
  27 Artificial islands
人工島
  中 止
  28 Vertical faced breakwaters
直立防波堤
 

B113(2003)

  29 Recommendations for by-pass systems for harbours
on sandy coasts
海浜におけるバイパス・システム
  中 止
  30 Approach channels Preliminary guidelines
取付け航路-予備指針 
PIANC-IAPH共著
B87(1995)
  30 Approach channels A guide for design (vol.2)
取付け航路 - 設計指針(第2巻)
  B95(1997)
  31 Life cycle management of port structures
港湾構造物の長期維持管理
B99(1998)
  32 Port facilities for high-speed ferries
高速フェリー用港湾施設
  中 止
  33 Guidelines for the design of fender systems
防舷材設計指針(1984年報告書の改訂)
B110(2002)
  34 Seismic design guidelines for port structures
港湾構造物の耐震設計指針
B106(2001)
  35 Dangerous cargoes in ports
港湾における危険物の取扱いについて
B105(2000)
  36 Catalog of prefabricated elements
プレハブ資材のガイドブック
M121(2005)
  37 Advances in maritime and inland shipping inter-modal
freight transportation
インターモーダル貨物輸送方式の進歩
  中 止
  38 Ice navigation
氷中の航行
  中 止
  39 Monitoring of breakwaters
防波堤のモニタリング
高橋 重雄
港空研
1997年10月設立
  40 Guidelines for the design of berm breakwaters
バーム式防波堤の設計指針
B113(2003)
  41 High-speed ferries at sea and port approaches
高速フェリー航走波の影響
B114(2003)
  42 Implementation manual for life cycle management of port structures
港湾構造物の長期維持管理マニュアル

  Report No.103
(2008)
  43 Minimizing harbor siltation
航路・泊地埋没の軽減
  Report No.102
(2008)
  44 Accelerated low water corrosion
干潮面腐食の加速
  M121(2005)
  45 Post earthquake actions
地震後の行動
菅野 高弘
(委員長)
一井 康二
港空研

2003年設立
  46 Maritime freight transshipment
海上貨物の積替え(トランシップ)
  2003年設立
47 Criteria for the selection of breakwater types and their
optimum damage risk level
防波堤の形式と最適破壊リスクレベルの選択基準
下迫健一郎
港空研
2003年設立
48 Guidelines for port constructions, related to bow-thrusters
バウスラスターに関する港湾建設のガイドライン
  2002年設立
49 Horizontal and vertical dimensions of approach navigation channel
進入水路の水平及び鉛直寸法
大津 皓平
東京海洋大学
2005年設立
  50 General principles for the design of maritime structures
海洋構造物設計の一般原則
長尾 毅
国総研
2005年設立
  51 Water injection dredging
水ジェット浚渫
  2005年設立
  52 Criteria for the (un-)loading of container ships
コンテナ-船の積み込み(降ろし)基準
米山 治男
港空研
2005年設立
Report 準備中

 

53

Design and construction of maritime structures in
Tsunami prone areas
津波襲来地域の海洋構造物の設計と建設
高橋 重雄
(委員長)
富田 孝史
有川 太郎
港空研
2005年設立
Report 準備中
Appendix to the report on Tsunami disaster
津波災害に関する報告書への付属資料
高橋 重雄
(委員長)
富田 孝史
(事務局)
港空研
2011年設立
54 Use of hydro/meteo information to optimize safe port access
港湾へのアクセスの安全性を最適化するための海象・気象情報の活用方策

河合 弘泰
港空研

2006年設立
Report 準備中

  55 Safety aspects of berthing operations of oil and gas
tankers
オイル・ガスタンカーの接岸作業の安全性
 

2006年設立
Report 準備中

  56 Application of geotextiles in waterfront protection
護岸保護へのジオテキスタイルの適用
 

Report 113(2011)

  57 Stability of pattern placed revetment elements
護岸被覆材の安定性
 

Report114(2011)

  120 Dry Stack Storage
陸上保管
 

Report(2013)

  121 Harbour Approach Channels Design Guidelines
入出港航路の設計指針
 

Amended Version Report (2014)

  135 Design principal for container terminals in small and medium ports
小中港湾におけるコンテナターミナルの設計原則
  2010年設立
144 Classification of soils and rocks for the maritime
dredging process
海上浚渫における土と岩の分類
  2009年設立
145 Berthing Velocities and Fender Design
接岸速度と防舷材の設計
上田 茂
いであ㈱
(共同委員長)
山瀬 晴義
㈱ブリジストン
清水 崇
住友ゴム工業㈱
2010年設立
146 Floating transshipment terminals for solid bulk cargoes
固形バラ荷物用の載替え浮体ターミナル
  準備中
147 Guidelines for facilitation and integration among
recreational, fishery and commercial navigation
リクリエーション用、漁業用、商業用航路の設置、統合のガイドライン
  2014年設立
152 Guidelines for cruise terminals
旅客船ターミナルのガイドライン
  2010年設立
153 Recommendation for the design of marine oil terminals
海洋石油ターミナルの設計に関する勧告
菅野 高弘
港空研
2010年設立
158 Masterplans for the Development of Existing Ports
既存港の開発マスタープラン
  2012年設立
159 Renewable Energy for Maritime Ports
海港のため再生可能エネルギー
 

2012年設立

160 Overview of Design Codes and Guidelines for Harbour
Structures
港湾構造物の設計基準、ガイドラインの概観
松本 英雄
国総研

2012年設立

161 Interaction Between Offshore Wind Farms and Maritime
Navigation
洋上風力発電と船舶航行の相互干渉
米山 治男
港空研

2013年設立

162 Recommendations for increases durability and service lifeof marine concrete infrastructures
海洋コンクリート構造物の耐久性向上と延命に関する提言
 

2013年設立

164

Upgrade of Port Terminals by Increasing Dredged Depth
増深によるターミナルの改良

 

2014年設立

165

Design and Maintenance of Container Terminal Pavement
コンテナターミナル舗装の設計と維持

 

2013年設立

166

Design of Terminals for RoRo and RoPax Vessels
RoRoとRoPax用ターミナルの設計

 

2013年設立

167

Design of Terminals for RoRo and RoPax Vessels
RoRo船 およびRoPax船用ターミナルの設計

竹信 正寛
港空研

2013年設立

171

Ship Handling Simulation Dedicated to Channel and Harbour Design
航路及び港湾計画のための船舶シミュレーション

 

準備中

172

Design of Small and Medium LNG Terminals Including Bunkering Facilities
中小規模LNG船ターミナル(補給施設を含む)の設計

 

準備中

 

184

Design principles for dry bulk marine terminals
ドライ・バルク・ターミナル

 

準備中

 

185

Site Selection and Planning for new Ports and Specialist Marine Terminals on Greenfield Sites
新規港湾などの適地選定

 

準備中

 

186

Mooring of Large Ships at Quay Walls
岸壁への大型船の保留

 

準備中

 

187

Protection of undersea pipelines and cables in
navigable areas
船舶航行下の海底パイプラインの保護

 

準備中

○印は活動中のWGを示す。

 

■環境委員会(EnviCom)作業部会

(2015年4月現在)

参加WG
WG名日本の
委員
摘要
  Dredged material management guide
浚渫土管理の手引き
  1996-1997
*注:特別委員会
  1 Management of aquatic disposal of dredged material
浚渫土の水中投棄の管理
B100(1998)
  2 Bird habitat management in ports and waterways
港湾、航路における野鳥生息場の管理
  M120(2005)
  3 Glossary of environmental terms and terminology as
related to PIANC activities
環境用語集
  B104(2000)
  4 Environmental management framework for ports and
related industries
港における関連産業環境管理機構
  B102(1999)
  5 Environmental guidelines for aquatic, nearshore, and
upland confined disposal facilities (CDF's) for
contaminated dredged material
水中・沿岸・高地における有害浚渫土処理施設整備の
ための環境指針
  B110(2002)
  6 Guidelines for sustainable inland waterways and navigation 持続可能な内陸水路・航行に関する指針   B112(2003)
  7 Ecological and engineering guidelines for wetlands
restoration in relation to the development, operation
and maintenance of navigation infrastructure
港湾施設開発と維持に係る湿地の回復に関する環境・
技術指針
  B114(2003)
  8 Biological assessment guidance for dredged material
浚渫土のバイオアセスメント・ガイダンス
  M122(2006)
  9 Environmental impact of polar marine activities
極地海洋活動の環境への影響
  2001年2月設立
  10 Environmental risk assessment in dredging and dredged
material disposal
浚渫の環境影響評価
  M125(2006)
  11 Management, reclamation of dredged material and the
transformation of existing confined disposal facilities
浚渫土の管理と既設処分場の転換
  B109(2009)
  12 Sustainable waterways within the context of navigation
and flood management
航行面と洪水管理の観点にたった持続可能な水路
  Report107(2009)
  13 Best management practices applied to dredging and
dredged material disposal projects for the protection of
the environment
環境保護のための浚渫および浚渫物処分プロジェクト
の最適管理事例集
  2004年設立
  14 Dredged material beneficial use-options and constraints
浚渫物の有効利用、利用法と阻害要因
細川 恭史
Wave
古川 恵太
SPF
2004年設立
  15 Dredging and Port Construction Around Coral Reefs
サンゴ礁の周りの浚渫工事と港湾建設
  Report108(2012)
  16 Management of ports and waterways for fish and
shellfish habitat
魚介類生息のための港湾と水路の管理
桑江 朝比呂
港空研
2007年設立
  100 Dredging management practices for the environment
環境の為の浚渫管理
  Report(2009)
  104 Dredged material as a resource
資源としての浚渫材
  Report(2009)
  108 Environmental aspects of dredging and port construction
around coastal reefs
サンゴ礁近辺における浚渫と港湾建設に係わる環境問題

  Report(2011)
  109 Long-term management of confined disposal facility
遮蔽廃棄物処理場の長期管理
  Report(2009)
  128 Alternative Bank Protection Method
護岸補強方法について
  中止
  136 Recommendations for Sustainable Maritime Navigation
持続可能な航路のための勧告
  Report(2013)
  143 Screening Evaluation of Environmental Effects of
Navigation and Infrastructure Projects
航路及び施設プロジェクトにおける環境のスクリーニング評価
岡田 知也
国総研
 
148 Environmental impacts aspect of recreational navigation
infrastructures
レジャー用航路施設の環境影響側面
  2009年設立
  150 A practical guide for sustainable seaport(Green port)
持続性のある海港のための実用ガイド
白石 哲也
港湾荷役
2010年設立
157 Environmental aspects of dredging and port around coastalvegetation
海岸植生付近の港湾と浚渫に伴う環境問題
  2012年設立

163
旧16

Fishes and Shellfishes Habitat Management of Ports and  Waterways
港湾および航路における魚介類の管理
桑江朝比呂
港空研
2007年設立

170

Best Practice of How to Deal with Sea Turtles and Mammals in Marine Waterway and Port Construction Activities
航路及び港湾施設建設時の海亀及び海棲哺乳類の保護の最適事例
  2014年設立

174

Sustainability Reporting for Ports
港湾における持続性に関する報告
  2014年設立

175

A Practical Guide to Environmental Risk Management for Navigation Infrastructure Projects
航路開発のための環境危機管理のための実践ガイド
  2015年設立

176

A Guide for Applying Working with Nature to Navigation Infrastructure Projects
航路開発において自然環境に関して実施すべき事項についてのガイド
  2015年設立
 

188

Carbon Management for Port and Navigation Infrastructure
港湾及び航行施設に関する温室効果ガスの管理
  2015年設立
PTF (Permanent Task force)Working with Nature Climate
Change and Navigation
自然と共に- 気候変動と航路
鈴木 武
国総研
古川恵太(通信)
SPF
2009年設立
Expert
Group1
EU Water Framework Directive
EUにおける水路フレームワーク
  2003年設立
Expert
Group2
Environmental Benefits of Waterborne Transport
海上輸送の環境便益
  2008年設立

○印は活動中のWGを示す。

 

■レクリエーション水路委員会(RecCom)作業部会

(2015年4月現在)

参加 WG
WG名 日本の
委員
摘要
  1 Ecological factors related to sport and pleasure navigation
レジャー関連の環境問題
  B80(1990)に
関連記事
  2 Wave climate criteria for marinas
マリーナ設計における海象条件
  B77(1992)に
要約
  3 The provisions of navigation aids for pleasure craft
プレジャーボート用航路標識
  B62(1988)
PIANC/IALA
共同出版
  5 Guidance on facility and management specification for
marine yacht harbours and inland waterway marinas
with respect to user requirements
マリーナの建設・運営ガイド
 

 

B75(1991)
  6 Guidelines for the use of certain powered craft, such
as waterscooter, personal watercraft, waterbike, jetski,
waverunner, seadoo, on controlled waters
交通規制対象水域におけるジェット・スキーなどの
使用指針
  B86(1995)
  特別 Review of selected standards for floating dock design
浮きドックの設計について
  B93(1997)
  7 Guidance on marine sanitation pump-outs
プレジャーボートの汚物処理
  B93(1997)
  8 Standards for the use of inland waterways by
recreational craft
内陸水路におけるプレジャーボートの使用基準

  B103(2000)
  9 Regeneration of harbour areas for sport & pleasure
navigation use
港湾区域のスポーツ・レジャー用再開発
  1995年4月設立
  10 Mooring system for recreational crafts
レクリエーション用船舶の係留システム
B111(2002)
  11 Waterway planning for marinas and resorts
マリーナ航路計画
  2002年設立
(中断)
  12 Recreational navigation and nature
レジャーと環境
  B109(2002)
  13 Dredging of marinas
マリーナの浚渫
  B115(2004)
  特別 Marina service connections
マリーナのサービス設備
  B106(2001)
  14 Disability access guideline of recreational boating facilities
レクリエーション用ボートの障害者アクセスガイドライン
  B117(2004)
  15 The use of alternative materials in marina construction
マリーナ建設における代替材料の使用
  Report105(2009)
  16 Protecting water quality in marinas
マリーナの水質保護
  Report98(2008)
  17 Guidelines for marina design
マリーナの設計指針
  2004年6月設立
130 Anti-sedimentation System for Marinas and Yacht
Harbours
マリーナ及びヨットハーバーの埋設防止システム
  2007年設立
  131 Catalogue of Prefabricated Marina Elements
プレハブマリーナ部品のカタログ

高岩 千人
日本マリーナ・
ビーチ協会

2007年設立
  132 Dry Stack Storage
陸上保管
  Report(2013)
  133 Economic Aspect of Recreational Navigation
レクリエーション用航路の経済的側面
  2008年設立
  134 Design and operational guidelines for superyacht facilities
スーパーヨット施設の設計・運営ガイドライン
  Report(2013)
147 Guidelines for facilitation and integration among
recreational, fishery and commercial navigation
レクリエーション用、漁業用、商業用航路の設置、統合のガイドライン
  2009年設立
148 Environmental impact aspects of recreational navigation
infrastructure
レジャー用航路施設の環境影響側面
  2009年設立
149 Guidelines for marina design
マリーナの設計ガイドライン
  2009年設立
168 Single point yacht mooring design
ヨット用の一点係留施設の設計
  2013年設立
169 Fire system detection and controls in marinas
マリーナにおける火災検知と管理
  2013年設立
177 Marina Excellence Design
優れたマリーナの設計
  2015年設立

○印は活動中のWGを示す。

 

■国際協力委員会(CoCom)作業部会

(2015年4月現在)

参加 WG
WG名 日本の
委員
摘要
  1 Ports located in small islands
小島の港湾
  Report No.97
(2008)
  2 Best Practices for Shoreline Stabilization Methods
海岸線の安定化法の成功例
  2006年設立
126 Training in Ports and Waterways
港湾と水路の専門技術者トレーニング
安部 智久
国総研
2007年設立
SC1 Training
トレーニング
  Sub Committee
SC2 Regional activities
地域活動
  Sub Committee
SC3 PIANC-COPEDEC conference
PIANC-COPEDEC会議
  Sub Committee

○印は活動中のWGを示す。

 

■Task Force

(2015年4月現在)

参加 WG
WG名 日本の
委員
摘要
181 The State and Perspectives of Waterborne Transport
Infrastructure Worldwide
世界の水上輸送インフラの現状と展開
安部 智久
国総研
高橋 英紀
港空研
2015年設立

○印は活動中のWGを示す。
*BはBulletin,MはMagazineの略です。

組織図・人事

通常、総会・理事会は通年6月中に開催される。
また運営委員会及び企画小委員会は、必要に応じて随時開催される。

組織図2012のコピー.jpg


■理事・監事・顧問 名簿

理事会 名簿(平成27年7月1日現在(敬称略、順不同))
会 長 須野原 豊 (公社)日本港湾協会 理事長、 国際航路協会 副会長
副会長 高橋 重雄 (国研)港湾空港技術研究所 理事長
理 事 富田 英治 (一財)国際臨海開発研究センター 理事長
影山 智将 (一財)漁港漁場漁村総合研究所 理事長
春日井康夫 国土交通省 国土技術政策総合研究所 副所長
川嶋 康宏 日本港湾空港建設協会連合会 会長
黒田 勝彦 神戸大学名誉教授
鈴木 行雄 (一社)日本埋立浚渫協会 会長
高山 知司 (一財)沿岸技術研究センター 沿岸防災技術研究所長
灘岡 和夫 東京工業大学大学院 情報理工学研究科 情報環境学専攻教授
橋本  牧 (公社)全国漁港漁場協会 会長
林田  博 新日鐵住金エンジニアリング(株) 顧問
監 事 池田 龍彦
国際港湾交流協力会 会長
鶴谷 広一 三井共同建設コンサルタント(株) 技術顧問
顧 問 井上 聡史 政策研究大学院大学 客員教授
大久保喜市 (一社)日本潜水協会 顧問
成瀬  進 国際港湾協会 事務総長
野田 節男 (一財)沿岸技術研究センター 顧問

 

企画委員会 名簿(平成27年7月1日現在(敬称略、順不同))
委員長 中﨑  剛 国土交通省 港湾局 産業港湾課 国際企画室長
副委員長 正岡  孝 国土交通省 港湾局 技術企画課 技術基準審査官
委 員 赤城 尚宏 国土交通省 国土技術政策総合研究所 管理調整部 企画調整課長
伊藤 敏朗 農林水産省 水産庁 漁港漁場整備部整備課 課長補佐
谷川 晴一 (国研)港湾空港技術研究所 企画管理部 企画課長
吉見 昌宏 (独)国際協力機構 社会基盤・平和構築部 技術審議役
市川 公映 東京都 港湾局 港湾整備部 計画課長
 〃 有賀 健滋 (一社)日本埋立浚渫協会(五洋建設(株)国際部門国際土木本部土木事業部担当部長)
 〃 佐々木 宏 (一財)沿岸技術研究センター 研究主幹
鈴木  勝 (一財)国際臨海開発研究センター 研究主幹
 〃 富田 準一 (一財)みなと総合研究財団 研究主幹
中山 康二 (一財)港湾空港総合技術センター 研究主幹
吉塚 靖浩 (一社)水産土木建設技術センター 審議役 
藤野  真 (一社)日本埋立浚渫協会 (東亜建設工業(株) 土木事業本部 副本部長)
吉田 哲生 (一社)港湾技術コンサルタンツ協会 ((株)日本港湾コンサルタント海外事業部長)
樋口 嘉章 国際航路協会本部 海港委員会日本代表
大内 久夫 国際航路協会本部 国際協力委員会日本代表
中村 由行 国際航路協会本部 環境委員会日本代表
山下 雅人 国際航路協会本部レクレーション委員会日本代表((一社)日本マリーナ・ビーチ協会)
高橋 英紀 国際航路協会本部 若手技術者委員会日本代表

 

事務局
事務局長 堀川 洋 三井造船鉄構エンジニアリング株式会社 技師長
事 務 局 鈴木 勝 (一財)国際臨海開発研究センター 首席研究員
大島慎一 (一財)国際臨海開発研究センター 総務部長

 

所在地・連絡先

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-6-2
アーバンネット麹町ビル4F

国際航路協会日本部会事務局
事務局長 堀川 洋
Tel:03-5226-0357
Fax:03-5226-0357
Email:info@pianc-jp.org

移転先地図FINAL.jpg

 
 
▲クリックすると別ウィンドウに拡大地図が表示されます。