ニュース

2018/06/06

PIANC年次総会及び国際航路会議(於: パナマ)の開催について

PIANC年次総会及び国際航路会議(於: パナマ)の開催について


  1. 概要

・PIANC(国際航路協会)の年次総会及び国際航路会議(コングレスと称し4年に1回開催するものであり、今回が第34回)が、5/5(年次総会)及び5/7~11(国際航路会議)にパナマ国のパナマシティ市内(RIUプラザパナマホテル)において開催された。

・本会には、世界各国の会員が参集したが、わが国からは林田博・PIANC副会長(日本部会長)、浅輪宇充・国土交通省大臣官房技術参事官(日本政府主席代表たる港湾局長の代理として)、山本竜太郎・水産庁漁港漁場整備部整備課長、辻英之・神戸市みなと総局長以下、産官学関係者約50名が参加した。

  1. PIANC年次総会〈5/5〉

・PIANCのコーデ会長挨拶ののち、幾つかの議題が論じられる中で、次期年次総会となる神戸大会に関しては、浅輪・国土交通省大臣官房技術参事官及び辻・神戸市みなと総局長が挨拶及び紹介を行った。

・また、若手論文表彰制度である「デパぺ・ウィレムス賞」に応募された18本の論文の中で最優秀賞を受賞した水野剣一氏(五洋建設)への表彰と論文内容についてのプレゼンテーションが行われた(受賞論文名は「 無人船を用いた港湾構造物の検査診断システム」)。

・年次総会に並行して、各委員会(若手技術者による委員会等)も開催された。

  1. 国際航路会議(コングレス)〈5/7~11〉

・PIANCのコーデ会長挨拶ののち、キハーノ・パナマ運河庁長官及びジェイムズ米国陸軍次官補(公共工事担当)が基調講演を行い、拡張工事が完成供用したパナマ運河の近況等について説明がなされた。

・各分野(港湾、浚渫、環境、流通等)毎のテクニカルセッションにおいて、全体として312件のプレゼンテーションがなされる中で、日本からは13件のプレゼンテーションがなされた(具体的には別紙参照)。なお、日本人としては2名(樋口嘉章氏(オリエンタルコンサルタンツ)及び小野憲司氏(阪神国際港湾))がテクニカルセッション議長を務めた。

・期間中、会場の一隅に企業PRブースが設置され、本邦関連企業(シバタ工業)も含め、各社の製品等についてのPR活動もなされた。

・閉会式(5/10)においては、環境共生型事業への取組みに対する認証制度である

「ワーキング・ウィズ・ネイチャー」制度への11件の新たな事業認証について報告がなされた。今回認証事業の中には、本邦の下記2件が環境共生型事業として認証された。

〇国交省九州地整局博多港湾空港整備事務所及びみなと総合研究財団

「博多港浚渫土砂を有効活用した海域環境改善への取組み」

〇日建工学

 「輪島港防波堤築造工事における環境活性コンクリートの実証実験プロジェクト」

  1. エクスカーション

・会議の前後において、パナマ運河の閘門等諸施設への各種エクスカーションが行われた。

  1. その他

・来年の年次総会(AGA)は、2019年6月3日~7日、神戸市において開催予定であ

る。

<参考>

・PIANC(国際航路協会)は1885年に設立された国際的な港湾・内陸水路に関する技術問題を議論する国際機関である。国際的に著名な港湾・水路に係る2,000人の技術者、500団体が会員となっている。

・PIANCの執行委員会を構成する会長1名、副会長4名、常設委員会委員長及び事務局長のうち、アジア・オセアニア地域担当の副会長を林田博氏(元・国土交通省港湾局長)が務めている。

(別紙)本邦港湾漁港関係者によるプレゼンテーション内容

件名

発表者

・桟橋工事におけるBIM(Building Information Modeling)の適用

・漁港建設のための作業船位置情報システムの構築と運用

・水産物の輸出促進における漁港・港湾の生産・物流機能についての研究

・膨張式堰(ゴム堰とSR堰(Steel&Rubber堰))に係る日本の知見-技術開発・基準・長期的実績-について

・リモートセンシングを用いたサンゴ礁分布把握手法の開発

・有性生殖技術を用いたサンゴ増殖技術の開発

・防災施設と海洋環境

・離島におけるレベル2地震津波への対策についての提案

・陸上防潮堤(胸壁)の津波外力に関する実験的研究

・津波の越流時に防波堤ケーソンに作用する水圧分布

・津波防護及び長周期波吸収のためのコンクリートブロックに係る新技術

・日本の港湾における埋没現象についての特性分析

・AIターミナル構想-最新のIC技術を用いた港湾の管理運営の近代化可能性-

野口哲史氏

(五洋建設)

長野晋平氏

(はこだて未来大学)

中泉昌光氏

(東京海洋大学)

丸山一郎氏

片山悦治郎氏

(国際航業)

不動雅之氏

(水産庁)

吉塚尚純氏

(日建工学)

斎藤正文氏

(オリエンタルコンサルタンツ)

古市尚基氏

(水研機構・水工研)

鈴木高二朗氏

(うみそら研・港空研)

久保田真一氏

(不動テトラ)

中川康之氏

(九州大学)

小野憲司氏

(阪神国際港湾)

(写真)

コーデ会長.png           

コーデPIANC会長           

2.jpg

林田博・PIANC副会長(日本部会長)

3.jpg               

浅輪宇充・国土交通省技術参事官     

山本課長.png

山本竜太郎・水産庁整備課長

5.jpg

  

辻英之・神戸市みなと総局長

キハーノ.png

             

キハーノ・パナマ運河庁長官        

ジェイムズ.png

ジェイムズ米国陸軍次官補

8.jpg

      

神戸大会を紹介する辻・神戸市みなと総局長  

9.jpg

デパペ・ウィレムス賞表彰(中央が受賞者である水野氏、左はコーデPIANC会長、右はランデシュタット審査委員長)

10.jpg        

国際航路会議開会式

 

 

最近のニュース


PIANC日本部会の第49回理事会、活動報告会、第45回通常総会が開催されました。

PIANC年次総会及び国際航路会議(於: パナマ)の開催について

2018年2月2日 Council(評議会)出席報告

2018 De Paepe-Willems賞に五洋建設株式会社の水野氏の論文が1位受賞しました。

PIANC副会長に林田博氏が就任いたしました

De Paepe Willems賞の募集について

第89回CoComが開催されました。

MarComが開催されました。

第73回 PIANC-Councilが開催されました。

2015 De Paepe-Willems賞に株式会社不動テトラの三井氏の論文が入賞しました。

カテゴリ

WG
イベント情報

アーカイブ

2018年7月
2018年6月
2018年2月
2016年5月
2015年7月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年6月