ニュース

2015/03/16

第89回CoComが開催されました。

2月4日、(水)PIANC本部3階会議室において第89回CoCom委員会が開催され、12人のメンバーが参加しました。日本からの日建工業株式会社専務取締役の大内久夫氏が出席しました。


1. CoComの年次報告
  共同議長のEdwardが作成した内容を承認した。
  フィリピンで開催された第1回ワークショップについては、事前に照会があり修正意見を出すと共に写真も送付しており、それらが掲載されたものとなっている。
  最後に、Edwardが「2014年はマニラでのワークショップやコロンビアでの国内部会の設立など活発な年であった」との総括と謝辞を述べた。

 

2. 目標新規勧誘国の議論 
  1)新規リスト

アメリカ:メキシコ等4ヵ国、アフリカ2ヵ国、アジア:4ヵ国、中東:2ヵ国、ヨーロッパ:3ヵ国

    この内、須野原副会長の担当国はアジアの4ヵ国(インドネシア、カンボジア、タイ、フィジーとパプアニューギニア
 

インドネシア:

昨年選出されたジョコ新大統領が海洋国家の設立を目指すことを公表。この動きを注視していく必要がある。昨年、須野原副会長名でPelindoⅠ、Ⅱ、Ⅲに団体会員となる招請状を発出済み。対応を待っている。(大内)

    Pelindo、バンドン工科大学、ペルタミナ等のPIANCに関心を有する組織でNational Sectionを設立することも一案。日本とオランダが共同して進めていくことが必要。(Roland)
  カンボジア: 日本政府から派遣されている港湾専門家と連携して勧誘活動を行いたい。(大内)
    事務局長(Louis)もプッシュする。
  タイ: 事務局長が調整する。
  フィジーとパプアニューギニア: 6-7月に開催予定の太平洋委員会において勧誘を進める。(Ron Cox)
     
  注:ベトナムについては、先日VIWAの責任者がLouisを訪問。再入会の準備について話し合いが行われたとのこと。3-4月に再入会する見込みとのこと。

 


2) マニラでのワークショップについての報告
    大内が概要を報告した。
    National Section設立のセレモニーも行われたことが報告された。
     
  3) コロンビアセミナーについて
    コロンビアの都合により開催が9月以降となった旨の報告があった。

 

3. 小委員会報告
  1) 地域グループの活動
    太平洋地域は気候変動の影響や津波等、共通の課題があるのでPIANC活動をより積極的に進めていくとの報告があった。
  2) IOC  PIANC-COPEDECについて
    次回COPEDECに関して以下の説明があった。
    *準備委員会のメンバーがかなり多く替わった。
    *2-3月にホームページが完成するなど準備が整う。
    *使用言語は、スペイン語、ポルトガル語、英語となる。
    *奨学金(fellowship)の準備が進んでいる。
    *参加料が決定した。
    *発表は4つの部会で並行して行う。

(CoCom 日本委員 大内久夫氏の報告より抜粋)

 

 

 

 

 

最近のニュース


PIANC副会長に林田博氏が就任いたしました

De Paepe Willems賞の募集について

第89回CoComが開催されました。

MarComが開催されました。

第73回 PIANC-Councilが開催されました。

2015 De Paepe-Willems賞に株式会社不動テトラの三井氏の論文が入賞しました。

2015 PIANC年次総会(ポルトガル、ポルト)の概要が示されました。

PIANC YP-Com アジアン・セミナー in 横浜が開催されました。

第1回PIANC‐フィリピン・ワークショップが開催されました

第88回CoCom が開催されました

カテゴリ

WG
イベント情報

アーカイブ

2016年5月
2015年7月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年6月